【安心・無添加】アレルギーの子供もOKおやつ|生協の大学いも

未分類
スポンサーリンク

【安心・無添加】アレルギーの子供もOKおやつ|生協の大学いも

子供にはなるべく健康的なおやつを食べさせたいですよね。

 

添加物たっぷりのお菓子は積極的に食べさせないようにしている我が家。

 

この記事では、そんな我が家が愛用している市販おやつを詳しく紹介していきます。

 

今回紹介するのはコレ。

生協で購入している「紅まさりを使った大学いも」

 

子供のおやつにと思って購入するのに、あまりの美味しさにうっかり大人が食べてしまうことがよくある一品です。

 

パパちゃん
パパちゃん

添加物や小麦で体調悪くなりがちな我が家が安心して食べられる商品。

でも、砂糖たっぷりだから食べすぎには注意!

 



【生協の大学いも】商品情報

商品名紅まさりを使った大学いも
内容量 170g
購入時の価格 358円
原材料名さつまいも(茨城県産)、砂糖、水あめ、植物油脂、黒ごま
アレルギー情報 ゴマ

保存料・化学調味料は無添加

生協のこの大学いもで気に入っているのは、何と言っても保存料化学調味料が使われていないこと!

 

諸外国に比べて食品添加物の規制がゆるいと言われている日本。

 

生活するうえで完全に無添加生活をするのはほぼ不可能。

 

だからこそ、保存料や化学調味料などの添加物を使っていない商品は貴重なんです。

 

パパちゃん
パパちゃん

添加物の少ないおやつを見つけたらメモってリピ買いしているよ。

 

アレルギーがあっても食べやすい

我が家では、生協の「紅まさりを使った大学いも」の商品パッケージに記載されているアレルギー物質はごまのみ。

 

ごまアレルギーの方は食べられませんが、たまご・乳・小麦などの子どもにありがちなアレルギー物質は入っていません。

 

パパちゃん
パパちゃん

友人が子どもを連れてきた時に出すと、アレルギーがある子も一緒に食べられるから喜ばれたよ。

 

※コンタミネーション(製造過程での混入)や原材料が変わる可能性があります。アレルギーがある場合は、必ずご自身で安全かどうかの確認をお願いします。

カロリー高い!

さつまいも・砂糖・油でできている大学いも。

 

カロリーは相当高いです。

 

内容量は170gなので、もし一袋全部食べたら約550kcal…。

 

子供のおやつの摂取カロリーのおおまかな目安は、

1~2歳で100~150キロカロリー

3~5歳で150~200キロカロリー

 

一度に食べる量は1~2本に収めるようにしましょう。

 

パパちゃん
パパちゃん

うちはチーズや野菜スティックなどと一緒に出しているよ。

【生協の大学いも】食べてみた

生協の「紅まさりを使った大学いも」は自然解凍電子レンジでの温めの2つの食べ方があります。

自然解凍でも食べられる

自然解凍は常温で20~50分。

 

20分の常温解凍ではコーティングしてある砂糖、中のさつまいも共にひんやりしていて歯ごたえあり。

 

夏に嬉しいひんやりおやつですね。

 

50分間、常温で解凍するとだいぶしっとりしました。

 

さつまいもがほっくり柔らかくてこれもまた美味です。

 

自然解凍できるものはお弁当に入れられるから便利ですよね。

 

我が家では遠足や運動会などの際に、保冷剤代わりに持って行こうかなと思案中。

 

パパちゃん
パパちゃん

保冷出来て最後は美味しく食べられる。荷物にもならないし最高です。

電子レンジで温めるとイモがとろとろ!

電子レンジで1分かからずに解凍できます。

 

レンチンすると、油と砂糖がかなり高温になるのでやけどに注意が必要。

 

温まりムラがあることも多いので、お子さんに食べさせる場合は熱くないかよくチェックしてあげましょう。

 

レンチンした後、数分冷ましてから実食!

自然解凍とは全く違った味わい。

 

外側の砂糖は冷えて再びカリッとした食感。

 

そして、中のイモがとろっとしていて美味しい!

 

個人的にはとろとろ系のさつまいもが好みなので、私はレンチンした方が好きです。

 

パパちゃん
パパちゃん

ホクホク系が好きな人は自然解凍、とろとろ系が好きな人はレンチンがおすすめだよ。

黒ゴマが香ばしい!

 

大学いものにまぶしてある黒ゴマはあらつぶし。

 

そのため、口に入れた瞬間にゴマの香りが口いっぱいに広がります。

 

ゴマは栄養豊富な食材なのですが、硬い皮に覆われているためしっかり噛まないと栄養を摂取することが難しいと言われています。

 

でも、この生協の大学いもはゴマがあらく潰してあるので、風味を堪能できるうえに栄養もしっかり吸収でき一石二鳥なんです。

 



【安心・無添加】アレルギーの子供もOKおやつ|生協の大学いも【まとめ】

保存料・化学調味料が無添加の安心おやつ、生協の「紅まさりを使った大学いも」を紹介しました。

 

無添加とはいえ砂糖がたっぷり使ってあるので子どもにたくさんは食べさせられませんが、たまのお楽しみに我が家では重宝しています。

 

生協で手軽に手に入るし、市販のスナック菓子やケーキ、アイスクリームなどを食べさせるよりも罪悪感なく子どもにあげることができます。

 

美味しすぎて、親がうっかり食べてしまうことも多い生協の大学いも。

 

我が家ではこれからもリピ買いする予定です。

 

★便利がいっぱい!生協の宅配サービス★
まずは無料で資料請求
詳しくはこちらから

 

 

プロフィール
この記事を書いた人
パパちゃん&カカ

介護士パパ&保育士ママ・長女の夜泣きでノックアウト寸前・プロ直伝の【ねんねトレーニング】で家族みんなハッピーに・ブログでねんね情報発信中・ABCオンラインでブログ運営を勉強中

パパちゃん&カカをフォローする
未分類
パパちゃん&カカをフォローする
スポンサーリンク
ネントレ部

コメント

タイトルとURLをコピーしました