子育てが辛い時に優先すべきはたった1つ【育児から逃げたいママへ】

未分類
ママちゃん

なんで私ばっかりこんなしんどいの。

もうイヤ、もう限界、誰か助けて!

 

そんなときに優先すべきたった1つのことをお伝えします。

 

 

 

僕たち夫婦は、長女の夜泣きで体力・精神力ともにかなり追い詰められました。

 

  1. 極度の寝不足
  2. 幻覚・幻聴
  3. 絶え間ない耳鳴り
  4. ネガティブ思考しか出てこない

 

そんな限界ギリギリの夜泣き沼から生還して実感した、辛い時に最優先すべきこと。

 

それは【ママの幸せ】です。

 

ただの綺麗ごとや、甘い慰めの言葉ではありません。

 

 

パパちゃん
パパちゃん

【ママの幸せ】を最優先して以降、もう二度と沼にはまらない自信がついたし、実際はまってません。実証済み。

 

スポンサーリンク

育児が辛い時に最優先すべきは【ママの幸せ】

 

ママの幸せは子どもの幸せに直結します。

 

まずはママが幸せでないと、家族は幸せにはなりません。

 

家族を幸せにするためにも、ママの幸せを最優先するべきなんです。

 

ママの幸せは子どもの幸せ

子どもを幸せにしたいと思ったら、まずはママ自身が幸せになることが必要です。

 

理由は以下の通り。

  1. ママの感情は子どもに伝わる
  2. ママが辛いと、子どもも辛い
  3. 子どもは辛いと、ぐずりや夜泣きが増える
  4. ママは更に辛くなる

 

このように悪循環に陥りやすくなります。

 

 

逆に、ママが幸せだと好循環が生まれます。

 

  • ママが幸せだと、子どもも安定している
  • ぐずっても余裕があるので受け止められる
  • 子どもは更に安心する
  • ママも育児に自信が持てる

 

常に余裕を持つことは難しいですが、この好循環に入るように意識してみてください。

 

ママちゃん

私だっていつも笑顔で子どもと関わりたいよ!

ママの幸せのために増やしたいもの2選

  • 睡眠時間
  • ひとり時間

 

ママが幸せを感じるために、どうすればよいのか。

 

答えはシンプル。

 

【睡眠時間】と【ひとり時間】。

 

このふたつを捻出しましょう。

 

辛い育児から抜け出す【睡眠時間を増やす】

ママの幸せのためには、十分な睡眠時間が必要。

 

睡眠不足の弊害

  • 免疫力低下
  • 集中力低下
  • イライラしやすい
  • 産後うつにつながる
  • ネガティブ思考に陥る

 

免疫力が低下すると体調を崩しやすくなります。

 

また、体調不良からの回復も遅くなりがち。

 

 

集中力低下は、

  • ミスが増える
  • とっさの危険回避ができない

このように、子どもの安全に直結する可能性があります。

 

十分な睡眠がとれるだけで、気持ちが明るくなったり前向きになれたりするものです。

 

 

特に産後はまとまった睡眠が取りにくいですよね。

 

パパやおじいちゃん・おばあちゃんに協力してもらって睡眠時間を捻出しましょう。

辛い育児から抜け出す【ひとり時間を増やす】

育児が辛いママは、自分のためだけの一人時間を確保して、じっくりと自分を癒してください。

 

育児中のママは、自分のためだけに使える時間がかなり少ないです。

 

あったとしても、家事・育児の合間の細切れ時間だったり、途中で子どもに呼ばれて中断したり。

 

これは、十分な【ひとり時間】とは言えません。

 

  • 子どもを家族に任せて外出
  • 託児付きの美容室やマッサージ

 

このように、家族と物理的に距離をとってひとりの時間を楽しみましょう。

 

パパちゃん
パパちゃん

自分を癒すことが、子どもの笑顔につながります

時間を増やす工夫

  1. パパが家事・育児にコミット
  2. サービスを利用する

 

そもそも、家事育児で時間がないから辛くなっているんですよね。

睡眠時間と育児時間を捻出する方法を紹介します。

 

ママちゃん

私だって寝たいし、自分の時間も欲しい。
それができないからしんどいの!!

 

1.パパが家事・育児にコミット

ママの負担を減らすためには、パパが家事・育児にコミットすることが必要です。

 

コミットとは、【積極的に関わる】【責任を持って引き受ける】という意味。

 

そもそもワンオペ育児とか無理ゲーです。

 

パパはママに甘えないで、家事・育児にコミットしましょう。

 

  • ミールキットで調理
  • 仕事帰りに弁当や総菜を買って帰る
  • 休日に子どもを連れ出す

 

こんなふうに、できることからでOK。

 

パパの得意なことやできそうなことから、家事・育児にコミットしていきましょう。

 

 

↓我が家はコチラのミールキットのお世話になっています↓

 

 

2.サービスを利用する

パパが忙しくて、家事・育児をする余裕がない。

 

そんな時は、家事代行やベビーシッターなどのサービスを利用して、家事育児の負担を減らしましょう。

 

ママちゃん

そんなのもったいないし、贅沢すぎてうちにはムリ!!

 

そんなことはありません。

 

この出費で、ママと子どもたちの笑顔が、家庭の安定が手に入ると思えば必要経費ではないでしょうか。

 

時間を買う【サービス例】

 

パパちゃん
パパちゃん

僕が仕事復帰したらうちも使う予定。

 

 

 

【まとめ】辛い育児から抜け出す方法

  • ママの幸せを最優先に
  • 睡眠時間とひとり時間の充実
  • そのためにパパは家事・育児にコミット
  • サービスを利用して時間を買うことも可

 

育児が辛いと感じるママは幸福度がかなり低下している状態。

 

毎日の育児、家事、または仕事に相当頑張っている証拠です。

 

当たり前ですが、ママには幸せになる権利がある。

 

パパに頼ることやサービスを使うことは、後ろめたいことではありません。

 

子どもを大切にするように、自分のことも大切にしてくださいね。

 

育児が辛いママは是非試してみてください。

 

プロフィール
この記事を書いた人
パパちゃん&カカ

介護士パパ&保育士ママ・長女の夜泣きでノックアウト寸前・プロ直伝の【ねんねトレーニング】で家族みんなハッピーに・ブログでねんね情報発信中・ABCオンラインでブログ運営を勉強中

パパちゃん&カカをフォローする
未分類
パパちゃん&カカをフォローする
スポンサーリンク
ネントレ部

コメント

タイトルとURLをコピーしました