生協の無塩せきウインナー3種を比較|子どもに食べさせたいのはどれ

未分類
スポンサーリンク

生協の無塩せきウインナー3種を比較|子どもに食べさせたいのはどれ

 

ウインナーって便利だけど体に良くないイメージ。子どもに食べさせるならなるべく添加物の少ないウインナーがいいな。

 

 

パパちゃん
パパちゃん

うちは生協・コープで「無塩せき」と書かれたウインナーを購入しているよ。この記事では、生協・コープで買える3種類の無塩せきウインナーを食べ比べてみました。添加物の少ないウインナーをなるべく安く買いたい人におすすめの内容だよ。

 

結論を先に言うと、我が家がリピ買いしている一番のおすすめは「鎌倉ハムあらびきウインナー」

 

どうして鎌倉ハムのウインナーがおすすめなのか、詳しい内容を知りたい方は記事を読んでみてくださいね。



無塩せきウインナーって何?

「無塩せき」とは発色剤を使っていないという意味。

 

ウインナーやハムを作る際に「塩せき」という工程で亜硝酸ナトリウムを使用することがあります。

 

亜硝酸ナトリウムは、発ガン性の有無が取りざたされており、使用を危ぶむ声もあります。

出典:東京農業大学ホームページ

 

2015年にWHOの研究機関が、加工肉を発がん性が明確な食品と認定したことで、亜硝酸ナトリウムを使わない無塩せきのウインナーを作る企業が増えてきました。

 

ただし、無塩せきウインナーは発色剤を使っていないだけで、その他の添加物を使っていることがあります。

 

生協・コープで購入した3種の無塩せきウインナー

商品名鎌倉ハム

あらびき

ウインナー

国産ポーク

あらびき

ウインナー

あらびきポーク

ウインナー

国豚

製造者鎌倉ハム

クラウン商会

伊藤ハム

株式会社

福留ハム

株式会社

内容量85g×2 85g×2 85g×2
価格398円298円380円

 

コープで上記3点のウインナーを購入し、実際に食べ比べてみました。

 

内容量は同じで、価格は100円前後の差があります。

 

パパちゃん
パパちゃん

僕がおすすめする鎌倉ハムのウインナーは一番高い398円でした。

 

>>資料の無料請求はこちらから

生協の宅配「コープデリ」・「おうちコープ」

【無塩せきウインナー】原材料比較

商品名鎌倉ハム

あらびき

ウインナー

国産ポーク

あらびき

ウインナー

あらびきポーク

ウインナー

国豚

原材料豚肉(国産)

糖類(水あめ、砂糖)

食塩

香辛料

豚肉(国産)

豚脂肪

脱脂粉乳

食塩

砂糖

香辛料

酵母エキス

調味料(アミノ酸等)

豚肉

豚脂肪

糖類(加糖ぶどう糖液糖、砂糖)

食塩

大豆たん白加水分解物

調味料(アミノ酸等)

香辛料抽出物

原材料を一覧にすると、一目瞭然で鎌倉ハムの添加物の少なさが際立ちますよね。

 

この食品添加物の少なさが、我が家が鎌倉ハムのウインナーを選ぶ一番の理由です。

 

食品添加物をどう考えるか

僕が考える添加物を使うメリットは以下の2点。

  • 作るのが簡単になるので安く買える
  • 食べてすぐに「美味しい!」と感じやすい

 

逆に、添加物によるデメリットは以下の2点。

  • 食品添加物に含まれる有害性が心配
  • 添加物の入っていない食事を美味しく感じなくなる

 

また、我が家の場合、添加物の多い食品を食べすぎると以下のような不調が起きることも。

  • 発熱
  • 喉の痛み
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 落ち着かない

 

このような実害を抱えているので、できる範囲で添加物の少ない食品を選ぶようにしています。

 

パパちゃん
パパちゃん

添加物の許容範囲は個人や家庭によって違ってくるよね。完全無添加は無理だけど、うまくつきあっていく方法を探っているよ。

 

【食べ比べ】生協・コープの無塩せきウインナー

パッと見はあまり変わらない、3種類の無塩せきウインナー。

 

3本ずつ茹でて、家族で試食会を行いました。

 

結果は以下の通り。

商品名鎌倉ハム

あらびき

ウインナー

あらびきポーク

ウインナー

国豚

国産ポーク

あらびき

ウインナー

スモークの風味がGOOD!

ビールが欲しくなる。

皮がパリッとしているのがいい。あらびき感があまりないのが残念。
塩味が強い。素材の味がして美味しい。うまみ・甘みが強い。味はこれが一番好き。身がギュッとつまっていて魚肉ソーセージみたいな食感。
長女おーいちぃ!おーいちぃ!おーいちぃ!

味だけみると、一番人気は「あらびきポークウインナー 国豚」でした。

 

でも、「鎌倉ハムあらびきウインナー」も負けず劣らずの美味しさ。

 

「国産ポークあらびきウインナー」は食感の点で我が家的には第3位でした。

 

パパちゃん
パパちゃん

味は好みもあるので参考までに。ボイルはイマイチだった国産ポークあらびきウインナーは、焼くとパリッとしてあらびき感もアップしたよ。

 

 

 

【無塩せき】鎌倉ハムあらびきウインナー

我が家がリピ買いしている鎌倉ハムについて詳しく調べてみました。

 

鎌倉ハムは無塩せきのパイオニア

鎌倉ハムは正式名称「鎌倉ハムクラウン商会」といいます。

 

鎌倉ハムクラウン商会は無塩せきのパイオニア。
発色剤や添加物が入って当たり前の時代から一貫して、余分な物は一切使わない製品を作ってまいりました。
現在はその独自な製法で、生協、学校給食に多大な信頼をいただいています。

出典:鎌倉ハムクラウン商会ホームページ

 

たくさん作って安く売るのが当たり前の時代から、丁寧な商品づくりをされている様子がうかがえます。

 

健康という消費者の利益を大切にした食品会社は信頼できるので、個人的にすごく応援したい会社です。

 

パパちゃん
パパちゃん

僕もそういう信頼されるブログを書くぞ!

 

 

アレルギーにも配慮

鎌倉ハムの商品は、一部を除いて7大アレルギー物質を使っていません。

 

小麦アレルギーの我が家にはありがたいです。

 

鎌倉ハムの商品の特徴

・卵、乳製品、小麦は使用しておりません。
・塩、砂糖、香辛料だけのシンプルな味付け。
・国内産豚肉を使用。
・さくらの木のチップでくん煙し、薫り高く仕上げました。
・全体的に色がくすんで見えますが、これは無塩せき製品の特徴で、品質的には問題ありません。安心してお召し上がりください。
・お客様によってはしょっぱく感じられることがありますので、その際には他の料理の具材としてお使いいただければ、おいしく召し上がれます。

出典:鎌倉ハムクラウン商会ホームページ

 

一方で、他2つのウインナーには7大アレルギー物質が含まれています。

 

あらびきポークウインナー 国豚

アレルギー表示

 

国産ポークあらびきウインナーアレルギー表示

 

添加物には小麦・乳・大豆などの由来のものが多くあります。

 

添加物が使用してあると、アレルギー持ちは商品を選ぶ選択肢がぐっと減ってしまうんです。

 

 

パパちゃん
パパちゃん

シンプルな素材で作られている鎌倉ハムの無塩せきウインナーは、安心して食べられる商品。

【まとめ】生協の無塩せきウインナー3種を比較|子どもに食べさせたいのはどれ

我が家が選ぶ子どもに食べさせたい無塩せきウインナーは、鎌倉ハムの無塩せきあらびきウインナー

 

発色剤だけでなく、保存料などのその他の添加物やアレルギー物質を極力使わない製法で、小さな子どもにも安心して食べさせることができます。

 

近所のスーパーでは取り扱っていなくても大丈夫。

 

生協・コープで購入することができます。

 

不在時も玄関先までお届け! 生協の宅配サービスお申し込み

 



 

プロフィール
この記事を書いた人
パパちゃん&カカ

介護士パパ&保育士ママ・長女の夜泣きでノックアウト寸前・プロ直伝の【ねんねトレーニング】で家族みんなハッピーに・ブログでねんね情報発信中・ABCオンラインでブログ運営を勉強中

パパちゃん&カカをフォローする
未分類
パパちゃん&カカをフォローする
スポンサーリンク
ネントレ部

コメント

タイトルとURLをコピーしました