トイレトレーニングに効果的!〇〇を使うとおむつ外れが早くなる?

未分類

2児の子育てしてます。育児書マニアのパパちゃんです。

 

この記事では、

 

子どもの おまる ってどんなものがおすすめ?
親も子どもも使いやすい おまる があるといいなぁ…

 

という子育てパパ・ママに向けて、我が家で使っていておむつ外れにとても効果的だったグッズを紹介します。

 

 

そのグッズとは、「チャンバーポット」です!

 

 

チャンバーポットとは、持ち手の付いた壺のような形のおまるのことです。

 

我が家では、チャンバーポットを使っておむつ外れがとても早くなりました。

 

我が家にはとてもフィットしたチャンバーポット。

 

でも、すべての人にとってはそうじゃないかもしれません。

 

その理由も踏まえて説明しますね!

 

 

おまるの形でトイトレの効果が変わるなんてホント~??


野田琺瑯 日本製ホーローおまる【座面広くて0~4才迄可】【底フラットで安定感◎】【カバー付お得セット】【お尻に優しい野田琺瑯(日本製)おまる(ホーローマルチポット)(チャンバーポット)】

なぜチャンバーポットがトイトレに効果的なのか

理由①低月齢から使える

チャンバーポットは赤ちゃんを抱っこしながら座らせることができます。

 

そのため、首がすわっていれば使用できるんです。

 

実際に、我が家の長女は生後2か月頃からチャンバーポットでおしっこ・うんちをしています。

 

そんな小さいうちからおまるでおしっこできないわよ~

どうせ偶然でしょ??

いえいえ、そんなことありません!

 

低月齢のうちこそ成功率は高いんです。

 

成長とともに貯められるおしっこの量は増えていきます。

 

つまり、1日のおしっこの回数が多い低月齢のうちほど、成功する確率が高いんです。

 

成功しやすいタイミングとしては、

  • 寝起き直後
  • 授乳直後
  • 思い当たる理由なく泣いている時

が挙げられます。

 

このタイミングを狙って何回かチャンバーポットに座らせていたら、一日に3~4回はおしっこをキャッチすることができました。

 

気が向いた時だけでいいので、小さいうちからチャンバーポットに座らせてみると、親も本人もおまるでおしっこをする感覚がつかめてきます。

 

逆に言うと、おまるの使用は自分でトイレの便器に座れるようになってからでいいという方には無駄な出費になる可能性があります。

理由②部屋になじむデザイン

いつでも身近に置いておけるので、おしっこキャッチの成功率が更に高まります。

 

チャンバーポットは装飾が少なくとてもシンプルなデザインです。

 

パッと見おまるとわからないです。

 

なので、我が家ではリビングの端っこに置いて、「おしっこしそうかな?」と思ったらサッと差し出しています。

 

けれど、リビングにおまるを置きたくない方にはおすすめできないやり方です。

 

 

我が家はプラスチック製のチャンバーポットを使っていますが、ホーロー製のものもあります。

 

ホーローは汚れや匂いが付きにくいのがメリットです。

 

ホーローならリビングに置いてもいいと思う方もいるかもしれませんね。

 

 

おまるに座ってYouTubeみてるよー

理由③持ち運びしやすい

いつでもそばにあるということが、おしっこの成功率を高めます。

 

ひよこ型のおまると違って、シンプルな造りで持ち運びがしやすいのもチャンバーポットのメリットです。

 

トイレ、リビング、脱衣場など、どんなところにも手軽に持って行けます。

 

2歳の長女は、なぜかお風呂に入ると毎日「おしっこ!」と言い出すので、脱衣場にチャンバーポットをスタンバイさせています。

 

我が家では実家に帰省するときも持って行きます。

 

ですので、複数個おまるを購入する予定の方や、トイレが使えるようになってからトイレトレーニングを始める予定の方は、チャンバーポットでなくてもいいかもしれません。

 

 

余談ですが、このチャンバーポットは大人でも使えます。

 

ですので、我が家は被災時の非常用トイレとして、このチャンバーポットを使うつもりです。

 

防災用の携帯トイレは実際にはとても使いにくいんですよね。

 

子ども自身も普段から使っているチャンバーポットの方が安心ですしね。

 

防災用トイレを購入せずに済むことを考えたら、チャンバーポットは安い買い物かなと思います。

 

まとめ

というわけで、我が家ではとても効果的だったトイレトレーニンググッズ、チャンバーポットを紹介しました。

 

長女はのトイレ遍歴は、

 

生後2か月:チャンバーポットデビュー。おしっこ・うんち成功

生後8か月:おむつを叩いて「おしっこしたい」を伝える

1歳8か月:家では寝るとき以外布パン。

 

という感じでトイレトレーニングが早めに進んでいるかなと思います。

 

2歳になった今も、たまに漏らすこともありますし、お出かけや寝る時は紙パンツも使っています。

 

でも、チャンバーポットを使って早いうちからおまるで排泄する経験を積めたのはプラスになっているなと感じています。

 

 

 

 

以上、僕がトイレトレーニングにチャンバーポットをおすすめする理由

  • 低月齢から使える(早いうちからチャレンジできる)
  • 部屋になじむデザイン(子どものそばに置いておける)
  • 持ち運びしやすい(どこでも使える)

でした。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

 

管理人:パパちゃん
長女の夜泣きで夫婦揃ってノックダウン。
育児ノイローゼと産後うつの一歩手前の僕たちを救ってくれたのは
多くの人の経験と研究に裏付けされた知識でした。
科学的な知識からヒントを得た育児を楽にする工夫や
我が家の日々の取り組みを綴っています。

 

プロフィール
この記事を書いた人
パパちゃん&カカ

介護士パパ&保育士ママ・長女の夜泣きでノックアウト寸前・プロ直伝の【ねんねトレーニング】で家族みんなハッピーに・ブログでねんね情報発信中・ABCオンラインでブログ運営を勉強中

パパちゃん&カカをフォローする
未分類
パパちゃん&カカをフォローする
スポンサーリンク
ネントレ部

コメント

タイトルとURLをコピーしました