【超有益】寝かしつけに悩んだら「ママと赤ちゃんのぐっすり本」のスケジュールを要チェック

ネントレ本
  • 子どもの寝かしつけがうまくいかなくてしんどい。
  • 寝ぐずりや夜泣きの泣き声を聞くと責められているようで辛い。
  • 寝つきをよくする工夫があれば知りたい。

そんな方は「ママと赤ちゃんのぐっすり本」をぜひ一度読んでみてください。

特にぐっすり本に載っているスケジュールは一見の価値ありです。

私が「ママと赤ちゃんのぐっすり本」をおすすめする理由がこちら。

  1. 生活スケジュールがわかりやすくまとめられている。
  2. 月齢ごとの夜泣きの原因と対策がわかりやすい。
  3. 睡眠時間が長めに設定されているので、寝かしつけが成功しやすい。
  4. 「赤ちゃんは一人ひとり違う」という前提で書かれているからアレンジしやすい。
  5. 「ママの幸福度が大事」など母親が追い詰められない優しい言葉がたくさん。
カカ
カカ

「ぐっすり本」を参考に生活スケジュールを見直しただけで寝ぐずりや夜泣きが改善した例もたくさんありますよ。

この記事では、ネントレ本を20冊以上読んだ私が「ママと赤ちゃんのぐっすり本」を一番におすすめする理由を解説します。

スポンサーリンク

「ママと赤ちゃんのぐっすり本」のメリット

  1. 生活スケジュールがわかりやすくまとめられている。
  2. 月齢ごとの夜泣きの原因と対策がわかりやすい。
  3. 睡眠時間が長めに設定されているので、寝かしつけが成功しやすい。
  4. 「赤ちゃんは一人ひとり違う」という前提で書かれているからアレンジしやすい。
  5. 「ママの幸福度が大事」など母親が追い詰められない優しい言葉がたくさん。

①ママと赤ちゃんのぐっすり本の生活スケジュールがわかりやすい

これまでに20冊以上の寝かしつけ・ネントレ本を読んできた中で、生活スケジュールについて一番わかりやすく書かれていたのがママと赤ちゃんのぐっすり本でした。

育児中はゆっくり本を読む時間もないくらい忙しいし、「育児」にスイッチが入っていると活字の意味がなかなか入ってこないという現象もよくあります。

そんなときに難解な文章を読むのは一苦労ですよね。

「ママと赤ちゃんのぐっすり本」はそのような育児に奮闘するママの実情を踏まえて、ポイントを絞ってわかりやすく整理されているのでストレスフリーで読むことができます。

「ママと赤ちゃんのぐっすり本」を参考にして取り組んだ我が家のネントレスケジュールはこちらで紹介しています。

我が家のネントレ体験談

【生後0ヶ月】新生児期のネントレスケジュールは無理?
ネントレって生後0か月からでもできるの?おすすめのスケジュールってある? こんな質問をいただいたのでお答えします。 生後0か月からできるネントレについて、結論から言うとこんな感じ。 眠り...
【生後1ヶ月】ネントレスケジュール|気を付けることはたった1つ
新生児を卒業して少しずつ起きている時間が長くなってきた気がするんだけど、生後1ヶ月頃の赤ちゃんはどれくらい寝るの? パパちゃん 生後1ヶ月の赤ちゃんの睡眠で気を付けることは...
【生後2か月】ネントレスケジュール|気を付けるのはこれだけ!
生後2ヶ月の赤ちゃんの一日はどんな感じで過ごせばいいのかな。赤ちゃんが気持ちよく眠るために大切なポイントがあれば知りたい。 パパちゃん この記事では生後2ヶ月の赤ちゃんがぐっす...
【生後3ヶ月】ネントレスケジュールと睡眠環境の整え方
生後3ヶ月になって育児にもずいぶん慣れてきたかな。授乳間隔も少し広がってきたみたい。夜の睡眠時間も少し長くなったような気がするけど、夕方には猛烈に泣くんだよね。生後3ヶ月ってこんなものなの? ...
【生後4ヶ月】ネントレスケジュール|これだけ!2つのポイント
生後4ヶ月の赤ちゃんは日中にどれくらい寝るの?4ヶ月頃から夜泣きが始まる子もいるらしいからちょっと心配。夜泣きを防ぐための一日のスケジュールがあれば知りたいんだけど。 パパちゃん ...
【生後5か月】ネントレスケジュール|夜泣きを防ぐコツは3つ
生後5ヶ月になって夜泣きすることが増えてきたんだよね。夜泣きを防ぐにはどんなスケジュールで過ごしたらいいのかな。 パパちゃん そんなお悩みのために、この記事では生後5ヶ月の...

②月齢ごとの夜泣きの原因と対策がわかりやすい

夜泣きや寝ぐずりを改善するためには、その原因を理解しトラブルの根本を解決するためのアプローチをすることが必要です。

例えばこんなかんじ。

  • 生後0~4か月頃:モロー反射で起きることが多いのでスワドル(おくるみ)でくるんであげるのが効果的。
  • 生後4か月頃:五感が敏感になって目覚めやすくなるので、寝室を真っ暗にしたりホワイトノイズを流したりして睡眠環境を整えてあげることが効果的。

「ママと赤ちゃんのぐっすり本」には各月齢で起きやすい寝かしつけトラブルの原因がわかりやすく書かれています。

そのため時期が近づくと「そろそろ夜泣きが再発するかもな」と心の準備ができます。

実際に夜泣きや寝ぐずりが急にひどくなってもその理由を推測することができるので、落ち着いて対処することができ精神的負担が減りました。

カカ
カカ

対処法がわかっているので夜泣きにおびえなくても大丈夫。気持ち的にずいぶん楽になりました。

③睡眠時間が長めに設定されているので寝かしつけが成功しやすい

「ママと赤ちゃんのぐっすり本」は他のネントレ本に比べて睡眠時間が長めに書いてあるので寝かしつけが成功しやすいというメリットがあります。

「しっかり疲れさせてから寝かしつけをした方がよく寝る」と思いがちですが実は逆。

疲れすぎると不機嫌になって泣きがひどくなってしまうことがあるんです。

だから睡眠時間が長めに書いてある「ママと赤ちゃんのぐっすり本」は寝るのが苦手な赤ちゃんでも寝かしつけが成功しやすいんです。

カカ
カカ

生活スケジュールの目安は数カ月ごとに変わっていくので、「ぐっすり本」を持っておくのをおすすめします。

④「赤ちゃんは一人ひとり違う」という前提で書かれているから寝かしつけ方法をアレンジしやすい

ネントレ本の中には「この通りにやったら誰でもうまく寝かしつけができる」という風に書かれているものがありますが、実際はそうではありません。

赤ちゃんは一人ひとり違うし、眠れない原因も一人ひとり違います。

ある程度のセオリーはありますが、やはり試行錯誤しながら自分の子に合った寝かしつけ方を探っていくことも重要なんです。

「ママと赤ちゃんのぐっすり本」は赤ちゃんは一人ひとり違うという前提の下で書かれているので『本の通りにやったのに寝てくれない』と固定観念にしっばられることがありません。

わが子としっかり向き合いながら寝かしつけについて考えていくことができる良書だといえます。

⑤「ママの幸福度が大事」など母親が追い詰められない優しい言葉がたくさん

「ママと赤ちゃんのぐっすり本」は読んでいると元気が湧いてくるような不思議なパワーがあります。

それは、作者の愛波文さんがママたちをいたわるような言葉をページの端々にちりばめているからだと思います。

寝かしつけがうまくいかないとママ自身も睡眠不足になって辛いですし、いつ終わるかわからない寝かしつけに時間と体力を費やし続けるのはかなりのストレスです。

読んでいるだけで元気をもらえるぐっすり本はネントレをする/しないにかかわらず多くのママさんたちにぜひ読んでもらいたい1冊です。

【ママと赤ちゃんのぐっすり本】をすすめる理由:まとめ

私が「ママと赤ちゃんのぐっすり本」をおすすめする理由

  1. 生活スケジュールがわかりやすくまとめられている。
  2. 月齢ごとの夜泣きの原因と対策がわかりやすい。
  3. 睡眠時間が長めに設定されているので、寝かしつけが成功しやすい。
  4. 「赤ちゃんは一人ひとり違う」という前提で書かれているからアレンジしやすい。
  5. 「ママの幸福度が大事」など母親が追い詰められない優しい言葉がたくさん。

今までに20冊以上の寝かしつけ・ネントレ本を読みましたが、お友だちにおすすめの本を聞かれたらまずは「ママと赤ちゃんのぐっすり本」を紹介しています。

寝かしつけに悩むママの気持ちがきっと楽になるので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

読みやすいマンガタイプもあります。

プロフィール
この記事を書いた人
カカ

\夜泣きの悩み解決します/
ネントレで夜泣きを克服したアラフォー保育士。今までに読んだネントレ本は20冊以上。数十万円かけて睡眠について徹底的に学びました。同じように寝かしつけに悩む人のためにネントレ部を運営しています。

直接質問はインスタからどうぞ。

カカをフォローする
ネントレ本
カカをフォローする
スポンサーリンク
ネントレ部

コメント

タイトルとURLをコピーしました