【ネントレ成功のコツ】寝かしつけ本20冊読んだ保育士が解説!夜泣きの悩みから解放されよう

はじめまして、「寝かしつけで疲弊しない育児」がモットーの介護士&保育士の夫婦です。

パパちゃん
パパちゃん

寝かしつけがラクになるコツや、夜泣きを改善するネントレ(ねんねトレーニング)のやり方について日本一カンタンでわかりやすいブログを目指しています。

私たちはいわゆる不妊治療からの高齢出産。

我が子の誕生は本当に待ち遠しく嬉しかったのですが、退院すぐから始まった夜泣きで夫婦そろって大ダメージ…。

このままじゃヤバい!と思っていた時にネントレ(ねんねトレーニング)の本と出会い、本格的に勉強を始めました。

その甲斐あって、長女も次女も「おやすみ」と言って寝室の電気を消すと一人で上手に眠れるようになりました。

↑生後7ヶ月頃の長女。ベビーベッドに寝かせると「あー、うー」など言いながら5分ほどで眠ります。

ネントレをすると、夜泣きが無くなるだけではなく、寝かしつけが不要になるので時間や気持ちに余裕が持てるようになります。

何よりうれしかったのは、起きている時に子どもがほとんどぐずらなくなったこと!

子ども自身も夜泣き中の睡眠不足から解放され、起きている間はニコニコと機嫌よく過ごすことができるようになりました。

カカ
カカ

夜泣きだけでなく日中のぐずりも減ったので、今まで以上に育児が楽しくなりました。

赤ちゃんの夜泣きって色々な原因が複雑に絡み合っているので、はっきり言ってネントレ本1冊読んだくらいじゃ解決しないことが多いです。

赤ちゃんが夜泣きをしているとただでさえ毎日大変なのに、そこで何冊も本を読む時間なんてありませんよね。

そこで、この「ネントレ部」ではネントレ本を20冊読み、今まで30人以上の夜泣き相談をしてきた私たち夫婦が

  • 夜泣きに悩んでいて余裕がない人にもわかりやすく、
  • あなたに必要な情報をピンポイントで、
  • 寝かしつけが楽になる方法を紹介します。

でも中には「ブログを読む時間すらない」という人もいると思います。

そのような方のために、ワンコイン寝かしつけ相談室も実施中。

「ココナラ」という日本最大級のスキルマーケットで500円で寝かしつけ相談にお答えしています。

※スキルマーケットとは「デザイン・相談・イラスト」などの自分の得意なことを商品として売るネット上のサービスです。

カカ
カカ

下のリンクから登録すると友達紹介で300ポイントもらえるので、実質200円で利用できます。

↓こちらから招待コード「SWCZ7V」を入れてお申し込みください。

無料会員登録はこちら

300円分のポイントがもらえます。

▶ワンコイン寝かしつけ相談をチェック

【ステップ0】ネントレってなに?どうして人気なの?

【眠りで賢い子が育つ】

  • 十分な睡眠が赤ちゃんの認知力を発達させ、情緒の安定を促す
  • 寝ている間に脳が育つ
  • 睡眠不足だと知育の効果が出ない

【寝不足でメンタル崩壊】

  • 母親は寝不足で情緒不安定になる
  • 母親が不安定だと子どもも不安定になる
  • 母親の睡眠時間を確保することは子どものために重要

【睡眠力は育てられる】

  • 正しいネントレの知識があれば上手に眠れるようになる
  • 逆に、ネントレ知識がないと何気ないかかわりが夜泣きの原因になる

ネントレ(ねんねトレーニング)とは、

  • 赤ちゃんや子どもが眠りやすい環境を整えて
  • できるだけスムーズに眠る方法を教えてあげること

です。

「眠り方を教えるなんてできるの?」と思うかもしれませんが、できます。大丈夫です。

赤ちゃんとって無理なく、わかりやすい方法で気持ち良い眠りに導いてあげればOK。

カカ
カカ

コツはいろいろありますが、このブログで一つずつ説明するのでご安心ください。

ネントレは赤ちゃんに優しい育児方法

「ネントレってギャン泣き放置するんでしょ?」と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

ネントレでは、

  • 安心して眠れる寝室づくり
  • 寝付きやすくなる生活習慣

を整えていくことを大切にします。

カカ
カカ

そう考えると、赤ちゃんにとても優しい育児だとわかっていただけると思います。

でも、ネントレって泣くんだよね?

お子さんによっては寝室環境や生活スケジュールを整えるだけでまったく泣かずにネントレが完了することもあります。

確かに、すでに抱っこや授乳寝かしつけが習慣となっていて、新しい眠り方(セルフねんね)を教える場合は赤ちゃんが抵抗して泣いてしまうこともあります。

いきなり「ギャン泣き放置」なんてことは絶対にないので安心してください。

カカ
カカ

寝室環境や生活習慣をしっかり整えてからネントレをすれば、泣きは最小限に抑えられます。

ネントレで得られるのは睡眠時間だけではない

このブログを読んでくださっている方には「ネントレをして睡眠時間を確保したい」と思っている人も多いと思います。

確かにネントレをすれば睡眠不足は解消されますが、実はネントレをすると睡眠時間以外にもいろいろなものが手に入ります。

例えば、

  • イライラが減って余裕が増える
  • 子どものぐずりが減るから育児がもっと楽しくなる
  • ぐずる原因やタイミングがわかるから育児に自信が持てる

なとです。

私はネントレをしてから「うちの子ってこんなに機嫌よくニコニコしている子だったんだ!」と気づき本当にびっくりしました。

日中のぐずりが睡眠不足によるものだったというケースは実はとても多いです。

厚生労働省のレポートでも、睡眠不足によるイライラや集中力のなさのために発達障害だと誤解されている子がいることが報告されています。

睡眠時間を確保するだけで、わが子が自分の力をしっかり発揮する土台を育て、家族の笑顔を増やすことにつながります。

カカ
カカ

睡眠力は親から子へのプレゼント。一生役立つ力になります。

【ステップ①】ぐっすり眠れる寝室をつくろう

赤ちゃんにぐっすり寝てもらうためには、まずは寝室づくりから始めましょう。

カカ
カカ

赤ちゃんが眠りやすい寝室をつくれば、大人の睡眠の質も高まります。

ぐっすり眠れる寝室づくりのポイントは以下の6点。

  • 安全な寝床(ベッド・布団)
  • できるだけ真っ暗な寝室
  • 安心できる音
  • 快適な室温

おまけとして、

  • 快適な寝具(パジャマ、スワドル、スリーパー)
  • 赤ちゃんを見守るベビーモニター

です。

詳しくはこちらのページで解説しています。

【必須】赤ちゃんがぐっすり眠るための睡眠環境の整え方|ネントレの便利グッズも紹介
「赤ちゃんにぐっすり寝てほしいんだけどどうすればいいの?」 そんな人のために、ネントレ本20冊以上読んだ私が赤ちゃん・子どもが眠りやすい睡眠環境の整え方を丁寧に解説します。 もしわからないことがあればコメント欄からなんでも聞いてくださいね。...
カカ
カカ

いきなり全部をしなくても大丈夫。できそうなところから少しずつやってみよう。

【ステップ②】ママの幸福度を高める

幸福度というのは、自分自身が満たされていて幸せだと感じる感覚のこと。

「母親の幸福度が大事」と聞くと、「まるで今が不幸って言われているみたい…」とモヤモヤしませんか?

カカ
カカ

はっきり言って私はものすごくモヤモヤしました!

でも、勉強していくと誤解が解けました。

実は睡眠不足は幸福度と直結しているんです。

夜泣きに悩んでいるママはほぼ100%寝不足状態ですよね。

「夜泣きに悩んでいる」「寝不足」というだけで、幸福度はカンタンに下がってしまうんです。

カカ
カカ

「不幸」という意味ではなく、夜泣きに悩んでいる時点で幸福度が下がりやすい状態。その分、意図的に幸福度を高める取り組みをしていくことが大切です。

母親の寝不足を解消する

寝不足は幸福度の低下に直結します。

赤ちゃんが夜泣きをしている場合、ママも寝不足になりがち。

  • 赤ちゃんがお昼寝している時に自分も一緒に寝る。
  • パパがお休みの時に少し多めに睡眠をとる。

などできる範囲で睡眠時間を増やすように意識してみてください。

家事の負担を減らす

育児はなかなか減らせませんが、家事はサービスを使うことで減らすことができます。

  • 家事代行
  • 食材宅配
  • 宅配クリーニング

など、今は家に居ながら利用できるサービスが増えています。

赤ちゃんの夜泣きが落ち着くまでの間だけでも、これらのサービスを積極的に取り入れて家事負担を減らすようにしてみてください。

【ステップ③】赤ちゃんの寝かしつけのキホン

幸福度がある程度たくわえられたら、寝かしつけのキホンについて少しだけ勉強してみましょう。

  • 赤ちゃんの睡眠パターン
  • 夜泣きの原因
  • 寝かしつけのコツ
カカ
カカ

良かれと思ってしていたことが実は夜泣きをひどくする原因だった!とならないように、少しだけ知識を入れておくのがおすすめです。

そして、赤ちゃんが眠りやすくなる生活習慣を意識して実行してみましょう。

眠りやすくなる生活習慣とは、

  1. 夜泣きを最小限にする生活スケジュール
  2. 寝かしつけがスムーズになる就寝ルーティン
  3. 睡眠の質をよくする赤ちゃん・子どもの食事

3つです。

これを気を付けるだけで夜泣きや寝ぐずりが改善する子はとても多いので、ぜひやってみてください。

▼寝かしつけのキホンについてはこちらのページで説明しています。

寝かしつけのキホン|泣かずに寝てほしい!夜泣きを未然に防ぐ○つのコツ
赤ちゃんが眠りやすくなる寝かしつけの基本をまとめたページです。 赤ちゃんはどうして夜泣きをするの? そもそも赤ちゃんはどうして夜泣きをするのかをこちらの記事で解説しています。 夜泣きのメカニズムがわかれば、 夜泣きを未然に防ぐ 夜泣きがひ...

【ステップ④】ゆるネントレをしてみる

ステップ③までやってみても赤ちゃんの睡眠が改善されない場合は「ゆるネントレ」を試してみましょう。

「ゆるネントレ」とはその名の通りゆるーいネントレのこと。

ステップ③の寝かしつけのキホンを押さえつつ、少しずつセルフねんね(自力入眠)ができるように練習していくやり方です。

生後0ヶ月からでもできるので、「やってみたい」と思ったらぜひチャレンジしてみてくださいね。

▼ゆるネントレについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

【ゆるネントレとは】泣きが少ない優しいネントレ!やり方を詳しく解説
ネントレは気になるけど、ギャン泣きを聞くのは辛い。 本格的なネントレをするのはまだ勇気が出ない。 そんな方にはゆるネントレがおすすめ。 ゆるネントレとは、睡眠の土台を整えつつセルフねんね(自...

【ステップ⑤】本格的なネントレをしてみる

ゆるネントレを2週間くらい試しても全く変化がない場合は、本格的なネントレをしてみるのもいいかもしれません。

本格的なネントレは、

  • まずは「寝かしつけのキホン」をしっかり行う。
  • 生後6ヶ月以上の赤ちゃんに行う。(生後5ヶ月以下には行わない。)
  • ねんねのルールや泣いたときの対応方法を明確に決めて取り組む。
  • 一度始めたら2週間は方法を変えずに続ける。

のがポイント。

▼詳しくはこちらの記事で解説しています。

記事は準備中です

 

タイトルとURLをコピーしました